超低用量ピルって知ってる?

低用量ピルは生理痛改善などメリットが大きい

低用量ピルには、避妊目的以外にも月経困難症による重い生理痛に悩まされている場合にも有効です。生理痛が酷い場合には、日常生活にも支障が出てくるようになります。生理は毎月のことのため、精神的な不安も大きいです。
低用量ピルを使うことで、それらの精神的な不安を根本から解決することが可能です。低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが含まれています。服用することで、これらのホルモンの働きにより脳下垂体が実際には妊娠していないのに妊娠したと感知します。この結果、排卵を促す際に必要な黄体化ホルモンの分泌が抑制されるため、排卵を抑制し月経をコントロールすることが可能となります。子宮内膜の増殖を抑えることができるため、生理自体を軽くし痛みを取り除きます。現在使われている低用量ピルは、ホルモン量をギリギリまで少なくなっているため、女性の体にかかる負荷が小さくなっています。
生理痛だけでなく、子宮内膜症の治療や改善、肌状態の改善、生理前のイライラの低減などメリットが大きいです。体調とメンタルの両面が安定し、肌トラブルにも効果が期待できるため、女性の生活の質をあげることができます。
また、排卵を抑制していますが、低用量ピルの服用を中止すれば排卵は確実に戻ってきます。排卵が戻るまでの期間には個人差がありますが、早ければ翌月の排卵から戻ってくる人もいます。そのため、今すぐには妊娠を望んでいないけれど、生理痛から解放されたい人は服用を検討してみることです。低用量ピルを継続して飲むことで、卵巣を休ませることができ、生理不順や子宮内膜症などを改善することができます。服薬を辞めれば妊娠が可能であり、胎児に影響もないためメリットが大きいです。