超低用量ピルって知ってる?

危険日性交やレイプ被害の妊娠は低用量ピルで回避不可能

生理のある女性に取って、異性と性交渉を行うということは、危険日でなくても常に妊娠の可能性が付きまとうもので、妊娠を希望していないのであれば、きちんと避妊対策を取ることは大切な問題です。
避妊は男性が行うものという認識を持っている女性もまだまだ多いですが、妊娠という事実により直接的に影響を受けるのは、男性ではなく女性本人なので、大切な自分の身体を守るうえでも、避妊には積極的に関わっていく必要があります。
低用量ピルは、昔のピルに比べると、吐き気や頭痛などの副作用も格段に軽減されており、安全性や避妊効果も高いので、女性が自分で避妊を行う対策としては、飲むだけで良いので簡単に取りいれることが出来ます。
妊娠するということは、生活そのものが大きく変化することでもあるので、きちんと準備ができてから受け入れることが望ましく、妊娠の時期は女性が自分で決めるということはとても意味のあることなのです。
しかし、そういった対策を取れていない身体で、危険日にコンドームなしで性交をしてしまったり、悲しいことに性被害に遭ってしまった場合は、次の生理日までを不安に感じながら過ごすのではなく、直ちにアフターピルを処方してもらうことが大切です。
性被害にあった場合は、性感染症の被害に対する処置も行わなければならないので、辛いことではありますが直ちに婦人科を受診しましょう。
性被害や危険日などの性交による妊娠を避けたい場合に使用するアフターピルは、避妊薬の低用量ピルではなく、中用量ピルになり、副作用もきついです。
性交後できるだけすぐに服用するのが望ましいので、対応してくれる病院を見つけておくか、薬を常備しておくことが必要となります。
最近は低用量ピルも、ネット通販で手に入れる女性が増えていますが、ホルモン剤なのでやはり医師の診察を受ける方が安心です。